読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定点観測日誌

キラキラ輝くキミを見て

ハルチカをみた話

今更ですが、途中まで書いたままだったので

GWの時間を使っての投稿しておこうと思います(明日もしっかり働く予定ですw)

 

 

佐藤勝利くん主演の「ハルチカ」を3月中旬に見てきました

映画の内容に触れるのでネタバレは・・という方はスルーお願いします

 

 

 

 

風磨くんも言ってたように去年の秋ぐらいからハルチカやりまーすって長らく宣伝してたから、公開まで長いな〜なんて思ってたけれどついに公開、仕事終わりにビジネス街にある映画館で見ました

 

定期券内でよく行く映画館なんですが、高校生が主人公の青春・部活モノ、その上アイドルがW主演の映画なのでやっぱり学生さんが多いだろうと思いながら、劇場内に入ったところ30代以降と思われる大人比率が高くて、中でももう定年前ぐらいの男性一人っていうケースが散見され、想像を超えたハルチカの層の広さにビックリしましたw

 

おじさんたちはやっぱり環奈ちゃんが目当て??でもこれだけおじさんいたらもしかしたら勝利くんファンのおじさんが1人はいるかも・・番宣も勝利くん・環奈ちゃん2人とも色々な番組出ていたので幅広い年代の人に知ってもらえたのかもしれないなんて思いながら予告編中に続々と入場してくるおじさんたちをみてました。なんなら上映後になにきっかけでハルチカを見に来たのか勝手に出口調査をしてみたかったぐらいw

 

近年、映画館ではCG/特撮ガッツリ、人間じゃない人間か人間じゃない何かしか出てこないハリウッドの映画ぐらいしか見てなかったので普通の高校生を描いたハルチカを楽しめるのか、少ーーーし不安があったんですが、、、行ってよかった〜特に、最後の展開!!ほっこりして、上映後に心地よい気分に浸れるいい映画でした!!!

 

どなたがキャスティングしたか存じませんが、やっぱりしょり・かんにオファーした人、天才、、、高い前評判を裏切ることなく、ばーんと大きいスクリーンで見る二人の顔面の美しさは格別だし、身長のバランスも理想的でみんなが一度は思い描いたことがあるであろうカワイイ・カッコいい二人は小さい頃からの付き合いっていう「幼なじみ」の完全体がここに存在していました・・・女優さんってよく「透明感」というワードで語られることが多いけれど、環奈ちゃんは本当に透き通りそうなぐらい白くてキレイ、また目の色素が薄いからよりそれが際立って見えてTVで見るよりずっと惹きつける引力が強い、スクリーンがとても似合う俳優さんだなと感じました

 

序盤はどんどん人を巻き込んいく積極性と明るさをもった環奈ちゃん演じるチカが話を進めてくので、ハルタ演じる勝利くんはセリフも多くなくこれでW主演??と思わなくもないのですが、後半にかけてしっかりハルタの出番は用意されてました。そして話が進むうちにハルタとセクゾの中の勝利くんにすごく重なって見えて仕方がなくなってきて。。これは演技が佐藤勝利のままというのではもちろんなくて、物語上のハルタの役割がセクゾの勝利くんの立場だったり、振る舞いを彷彿させるということなんですが、ハルタくんは劇中チカちゃんや吹奏楽部のメンバーの抱える問題に対して直接的な介入はせず、寄り添い見守ってるんですよね。なんだかそんなところが不仲が解消する前のふまけんの間で色々揺れることが多々あったであろう勝利くんもきっとこうやって側にいて二人を見守ってたんだろうななんて考えたり。

 

勝利くんはグループでは年齢が真ん中ですが、年上のふまけんが聡マリの2人を弟的、年下として接しているのに対して勝利くんに対しては同等というか年齢的なことをナシで同じ目線で話をしているのが昔から気になってはいたのですが(ケンティーに関しては勝利くんに甘えているようにも思える時も少なくないw)、5周年のインタビューでふまけんが勝利くんに対して早く大人にしてしまって申し訳ないというような内容のことを語っていてそれが具体的に何に関してなのかはわかりませんが、公の場で話すということはとても大きな意味(反響も含め)があるわけで2人の勝利くんへの大きな信頼を感じました。

 

勝利くんはセクゾの0番(センター)というリーダーでも、エースでもないとても不思議な役割だと思うことがよくあります。もちろん、国宝級といっても誰が言い出したのか責任を問われることないビジュアルがあり、イケメン集団のジャニーズでも正統派なのでその1面が買われてということも大きいと思うんですが、リーダーにもエースにもなるふまけんがいて、可愛くてぶっ飛んだキャラクターでありリーサルウウェポン的な聡マリに挟まれてなんとなく落ち着きがいいのが真ん中、センターのような気がする時もあるしw

結局のところ、0番がなんなのかは勝利くんが見つけて作っていくものだとは思うんですが、ハルタくんをみて思ったのが「円の中心」なのかなと。円の中心ってそれが基本となって円が作られていく大事な部分なんですが、円を描いている最中はできていく曲線の方が注目されるものであり、そして中心はブレないことが求められ、しっかり立っていることで円がキレイに描くことができる。ハルチカハルタくんが吹奏楽部のメンバーに寄り添って見守ることで背中をおしたように、勝利くんもセクゾがうまくいくように中でバランスをとってる。もちろん、メンバーそれぞれうまくいくように日々考えてると思うんですが、本当は自分がボケたい人なのにボケまくるメンバーを見てツッコミに回っちゃうところとか見ても、周りがあっての自分ってことをよく理解して行動している人だなと思います。

 

公開期間が思いのほか短くて、残念だったんですが

円盤化されたらまた見てみたいので早くされることを期待しています!

 

 

中島健人の背中

今日はケンティーこと、中島健人くんのお誕生日ということで

23歳おめでとうございます!

 

ケンティーきっかけでジャニーズに興味を持つようになったクチなので

そのケンティーが歳をとると

月日の流れを感じて、なんだか感慨深いものがあったりします

 

次世代王子と言われ、その王子っぷりをKinki Kidsの光一くんをはじめ

多くの人に認められている健人くんも

中学時代には学校で浮いてたなんて話を本人もチラホラしていて

健人くんは独自の世界観をすごくはっきり持っていて

またそれを表現できちゃう人なので

他の子を比べて目立つのは確かだろうし

そんな健人くんをそのまま理解できる人が少ないのは

健人くんが言っているのがどの程度だったのかはわからないけれど

なんとなく想像できてしまうところがあるんですよね

 

ただ、健人くんはそのままで終わらなかった

ジャニーズ、アイドルという自分の適性にピッタリ合う居場所を見つけた

 

これって大事なことだと思うんですよね

評価されないとか、冷たい扱いを受けたりすることって

人間みんなあると思うんですが

ココで評価されないから、どこに行ってもムリってことは案外なくって

ちょっと元いたところから離れただけで

これまでダメだと思っていたところが長所になったり

自分のせいだと思っていたことが実はそうでないことが分かったりします

どこが自分にとって過ごしやすいところなのか探すことは

人生において重要なことだと普段は見過ごしがちですが

健人くんの背中を見ると思う時があります

 

彼がジャニーズを見つけて

履歴書を送るという行動をして

自分の居場所を作って

守って来てくれたからこそ

今日この日にいつも元気とあたたかい気持ち、

そして時々笑い(ウソ、いっぱい笑)を受け取ることができます

 

きっとそれは彼だけじゃなく、

彼を応援して支えたファンの皆さんのおかげでもあるわけで

うーん、ファンとアイドルの関係は遠いようで近いと

この点においては強く思います

 

私もその一人として

これからも健人くん、そしてSexy Zoneを応援していきたいと

改めて思った次第です!